建築パースの方向性

1年前に書いた文章です。

建築パースの方向性が、正直分からなくなってきています。

フォトリアルパースが、いまいち受けがよろしくない。
全ての設計者の意見ではないが、やはり、少し冷たい感じがするのかもしれない。
僕のパースが下手なのか?建築設計に携わるヒトは、目が肥えているのか?

→僕のパースが下手糞でした。。設計者の目は肥えています。ソフトに使われないことが大事です。良くも悪くも、2D媒体としてモノです。最終形のイメージが大事です。


フォトリアルパースは、CG技術としては、あこがれるし、高度なテクニックであり、
非常に作図の難易度が高い。

→作図の難易度はソフトによることが、わかりました。やはり、弘法、筆を選ぶ時代かもしれません。あとは、速度かな。。


まだまだ、フォトリアル自体も完全にはマスターできていないが、僕自身、正直なところ、フォトリアルパースには、疑問を持ち始めている。いや、CGパース自体に関してかもしれない。
作図中、レンダリング中は表現を眺めていても飽きないほどのリアルさだが、どの段階で、あのリアルさが、必要になるのだろうか?わからない。

→未だに解らない。。。そもそも、パースって、何に使われるんだろう?(いや、広告とか、そういうのは、知っているけど。。)そのために、リアルな意味ある?っていう部分があるのは、じじつです。
1年前と違うのは、フォトリアルとはなにか?という疑問がまた、でてきている。これは、また今後にしよう。


リアルではないにしろ、自分の感覚にあった技法も、一つの選択肢かもしれない。
今までやっていたオリジナルの技法も、時間はかかるのだけど。感覚的にヒトに伝わりやすいのも事実である。

→修正がなければ、それもありかな。修正は、未だ読めないなぁ。。未知の領域ですね。




ちなみに、あるサイトにのっていたが、建築パースの未来?

1.徹底的にリアルで写真と見間違える程の精度の仕上がり

2.いわゆるCGぽくない職人技(水彩、ガッシュ、スケッチなど)にこだわった仕上がり(アート、手書き?)

らしい。


1年前に比べて、成長してるのか?疑問。。。








建築パース・CGパースのデザインマシロ 岡山



建築パース・CGパースのデザインマシロ の ブログ


Calendar
<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
search this site.
tags
archives
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24