建築とはなにか?

昔、尊敬するK先輩に聞かれたことがある。

「建築とは何か?」


まだ、大学生だった僕は、夢やら思想だとかいった。


K先輩は、こう言った。


「建築とは、所詮、柱と梁と壁である。


そして、それをどう構成するのかが、設計だ。」と



もうすぐ40歳近くになっても、まだ、答えがわかりません。


昔から思うことは、僕にとって「建築とは、風景である。」ということである。


確かに建築設計には、コンセプトというものがある。とても大事なものだ。


ただ、その設計者のコンセプトがどう生活者、使用者にとって伝わるのか?感じられるのか?


思想は大事だが、マスターベーションであってはならないと思う。


言葉、文字でなく、何も言わなくても感覚的なものが伝わることが一番なのだと思う。


そこで、生活し、使用するヒトたちにとって、いろいろな意味で良い風景であって欲しいと思う。


ドメスティックランドスケープや、空やミドリ、屋根の色、夜の窓の光、

時間の経過、季節の経過など。。それぞれが、美しくあって欲しい。。


ただ、現代の日本人は建築で、空間を感じて、生活し、使用することが下手であると思う。

また、それは都市計画においても、同じであろう。。


我々は、もう少し、都市の未来、住まいや建築物に対して、イメージをすべきなのかもしれないですね。


もしかしたら、僕の建築パース・CGパース制作、はそのためかも知れない。。。








建築パース・CGパースのデザインマシロ 岡山



建築パース・CGパースのデザインマシロ の ブログ



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24