気になった文面

ある方のブログより引用させていただきます。

それというのも、非常に気になり、感心したからです。



ここから~

建築パースは、図面から起こすものですから、実に正確にやっていくわけです。実際には、まだ現実の世界ではないものを、あたかも実際の建物を見て描いているように仕上げていきます。

 そうしますと、私はあるいときに、ある展示場の建築パースを描いてもらいまして、「あれ、ここには○○があるんじゃないかな」と思い、その旨を言いますと、そのパース屋さんは、「図面を見ますと、こちらの角度からは、○○は見えないのです」と言いきられました。

うーん、たしかに、そうなんでしょうね。そして私のほうが発注者としても、それを物理的にありえないのに、「こういうふうに直してくれ」とは言えません。

 でも問題は、そのパース含めて、プレゼンテーションの段階の場合、たしかにもう仕事はこちらに取れると判っていても、問題は「正確に」やることよりも、その全体の建築物をいわば夢のあるものとして見ることができるようにしてほしいのです。これは私の思いです。

 どうしても私が好きなパース屋さんというのは、いわばパースであっても、カンプの要素を持っていたものを描ける人でした。つまりイラストをちゃんと描けるパース屋さんということかなあ。


~ここまで

一部分を抜粋しております。



非常に気になる内容です。この文面自体、2006年頃書かれた文面であり、文面内容があった時期とは、そうとう前でしょう。

まだ、手描きパースの全盛期のことだと思われます。。

CGパースの場合、ただ正確になってしまうことがあり、非常に勉強になる文面でしたので、取り上げて見ました。

日々、勉強ですね、。




建築パース・CGパースのデザインマシロ 岡山



建築パース・CGパースのデザインマシロ の ブログ
Calendar
<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
search this site.
tags
archives
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24